スポーツ選手

【プロレス】吉江豊の死因は何?心筋梗塞で試合が原因ではなかった!?

2024年3月10日、

プロレスラーとして活躍されていた吉江豊さんが亡くなりました。

50歳の若さでした。

吉江豊さんは2024年3月10日に試合を行なっており、

試合後に容態が急変し亡くなられたそうです。

今回は吉江豊さんの死因について調べてみました。

吉江豊のプロフィール

吉江豊

プロフィール

  • 名前:吉江豊(よしえ ゆたか)
  • 生年月日:1974年1月5日
  • 出身地:群馬県前橋市
  • 身長:180cm
  • 体重:150kg
  • 所属:フリー

吉江豊さんは、

中学・高校時代は柔道をされていました。

1994年2月に新日本プロレスに入門。

1994年12月にデビュー。

1999年には海外武者修行にも行かれました。

プロレス界で数々の試合に出場し、

“桃色巨漢”などのニックネームで親しまれていました。

吉江豊の訃報

2024年3月10日、吉江豊さんの訃報が報じられました。

体重160キロを誇る巨漢プロレスラーとして活躍した

吉江豊(よしえ・ゆたか)さんが10日、亡くなった。

50歳だった。死因は不明。全日本プロレスが発表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e0b168cb9535567ff9cc5966b63dce4f761f7a4f

この報道では死因は明らかにされていませんでした。

スポンサーリンク

吉江豊の死因は何?

Flower

訃報が報じられた当時は吉江豊さんの死因は公表されていませんでした。

一部報道では、試合後に容態が急変したとの事でした。

吉江さんはこの日、地元・群馬のGメッセ群馬メインホール(高崎市)で行われた大会に出場。

井上凌と組んで大森北斗、崔領二と対戦。試合終了後に控室に戻った後、

体調が急変し、同市内の病院に緊急搬送されたが、そのまま帰らぬ人となったという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e0b168cb9535567ff9cc5966b63dce4f761f7a4f

この報道により世間では「試合が原因?」という声が上がっていました。

確かに試合後に控室で意識を失い、搬送されそのまま帰らぬ人となった、と聞くと

試合が関係している?と考えてしまいますよね。

スポンサーリンク

吉江豊の死因は心筋梗塞で試合が原因ではなかった!

2024年3月10日に訃報が報じられた吉江豊さん。

「試合が原因?」と言われていましたが、その後

死因は「動脈硬化によるもの」と公表されていました。

遺族から死因は「動脈硬化によるもの」と説明され

「プロレスの試合が原因ではないので、気になさらないでください」と言われたという。

https://news.goo.ne.jp/article/tokyosports/sports/tokyosports-295027.html

これは遺族から公表されたようです。

動脈硬化を詳しく調べてみると、動脈硬化が進行する事により

心臓の筋肉に血がいかなくなるのが「心筋梗塞」だそう。

「動脈硬化によるもの」と説明されるとピンと来にくいですが、

死因は「心筋梗塞」ではないでしょうか。

50歳の若さでまだまだ活躍が期待されていた吉江豊さん。

世間からも悲しみの声が多く上がっています。

吉江豊さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

-スポーツ選手

error: Content is protected !!