歌手

【3選】キム•ナヒの死因は何?自死やターボ癌などの可能性は?

2023年11月8日にシンガーソングライターの

キム・ナヒさんが亡くなっていた事がわかりました。

キム・ナヒさんの死因は公表されていません。

今回はキム・ナヒさんの死因について気になったので調べてみました。

キム・ナヒのプロフィール

キム・ナヒ

プロフィール

  • 名前:キム・ナヒ(きむ・なひ)
  • 生年月日:1999年
  • 出身地:韓国
  • デビュー:2019年
  • デビュー曲:Blue City

キム・ナヒさんについてですが、Wikipediaなどがなく情報が少ない為、現在調査中です。

キム・ナヒさんの詳しいプロフィールが分かり次第追記していきます。

キム・ナヒの訃報

2023年11月10日、キム・ナヒさんの訃報が報じられました。

シンガーソングライターのナヒさん(24)=本名:キム・ナヒ=が今月8日、死去していたことが分かった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e624f30d0a0a8b2c3d31de8db40500a0f7f99a2f

キム・ナヒの死因は何?

訃報が報じられたキム・ナヒさんですが、今回の報道では死因は公表されていませんでした

ここからは死因について少し考えてみました。

①自死

1つ目に考えられるのが自死(自殺)です。

キム・ナヒさんは24歳という若さで、

最近までのSNSで病気や闘病などは公表されていませんでいた。

そしてあまりにも急な事だったようでファンが驚きを隠せなかったようです。

若くして急に亡くなられると“自死”が頭を過ぎる方も多いようです。

実際に20代女性の死因理由で1番多いのは“自殺”だそうです。

キム・ナヒさんは何か悩んでいて耐えられなくなってしまったのでしょうか。

ただ、有名人の訃報があった際に、

自死された方の報道記事の下に“いのちの電話”などの

相談窓口の案内が記載される事が多いようです。

日刊スポーツの記事
画像:日刊スポーツ

今回のキム・ナヒさんの訃報について、この“いのちの電話”の窓口が記載されていなかったため、

“自死”とは確定できません。

スポンサーリンク

②心疾患

続いて考えられるのは心疾患

心疾患は心臓に起こる病気の総称です。

心臓の病気は様々な種類がありますが、

中には急に体調が変化し帰らぬ人となってしまうケースも。

体調の急変で1番多いのが急性心臓死というもので、

いわゆる突然死というものに当たるそうです。

上記でも少し触れましたが、キム・ナヒさんは過去に病気や闘病についての公表は一切されていないので、

もしかしたら急な体調の変化があったのかもしれません。

③ターボ癌

3つ目に考えられるのはターボ癌。

そもそもターボ癌とは何なのでしょうか?

医学的には“ターボ癌”という癌は存在しないそうです。

ターボ癌とは一部のSNSで言われている言葉です。

一部のSNS上では新型コロナワクチン接種が「がん」の急速な進行の原因となり病状が悪化することを指す言葉のようです。

https://tenjin-cc.net/blog/884/

ターボ癌について調べるとほとんどのサイトでは“ターボ癌という医学用語はない”と記載されています。

そして、

キム・ナヒさんのコロナワクチンの摂取履歴などは公表されていなかったので、

摂取したかどうかも分かりませんし、

そもそもキム・ナヒさんが癌を患っていたのかも分かりません

20代女性でも癌を患う可能性は十分にありますが、

癌を患っていることと、コロナワクチンの摂取している事が重なって

ターボ癌になったというのは少し考えにくいです。

上記では3つの死因に関しての憶測を立てましたが、

これらは全て憶測であり、真相は分かりません。

もし今後、キム・ナヒさんの死因が語られる事があれば、

その際は追記していきます。

若い方の訃報はとても悲しいです。

キム・ナヒさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

-歌手

error: Content is protected !!